生活習慣病|芦屋たいらクリニック|糖尿病,高血圧,脂質異常症


生活習慣病

hatsumo-web.jp

for mobile

生活習慣病

生活習慣病とは、食生活、運動、喫煙、飲酒、ストレス等の日々の生活習慣が起因として進行する疾患群で、糖尿病、高血圧、脂質異常症(高脂血症)、高尿酸血症(痛風)等さまざまな病気を含みます。

生活習慣病は無症状な事が多く、肥満が重なると動脈硬化をおこし様々な合併症を引き起こし、がんや脳血管疾患、心臓病など命に係わる病気へのリスクがさらに高くなるとされています。

治療については生活習慣やライフスタイルを変える事から始めますが、食事の取り方、内容、水分の取り方、運動の種類や量、たばこ、お酒、睡眠時間、ストレス管理に至るまで、幅広く考えていく事で効果的に進める事が出来ます。

当院では、生活習慣の見直しやアドバイス(食事療法や栄養指導)をはじめ個々の患者様にとって適切な診断と治療、管理を行います。

糖尿病

インスリンの分泌や働きが低下することで、血液中のブドウ糖(血糖)が増え、高血糖の状態が続く病気です。
膵臓から分泌されるインスリンというホルモンが、血液中のブドウ糖を細胞の中に取り入れる役割を果たしていますが、このインスリンの量が不足したり、働きが悪くなったりすると、ブドウ糖が細胞内に取り込まれなくなり、血液中のブドウ糖濃度(血糖値)が高くなってしまいます。進行すると体の細胞にエネルギーであるブドウ糖が十分に補給されず、喉がかわいたり、多尿、頻尿、倦怠感、体重減少、できものができる、傷が治りにくいなどの症状が現れます。また、糖尿病網膜症、糖尿病腎症、糖尿病神経障害などさまざまな合併症に注意が必要です。

糖尿病は発症原因により、1型と2型に大別されます。
1型糖尿病は自己免疫やウイルス感染などが原因と推測されていますが、膵臓のインスリンを分泌する細胞が破壊されることによりインスリンが分泌されなくなり糖尿病を発症します。
2型糖尿病は、インスリン分泌量が少なかったり、インスリンの働きが悪くなるためにブドウ糖が補給できず起こますが、加齢と遺伝的要因の他、食生活や運動など生活習慣が関係している場合が多いです。日本の糖尿病のほとんどが2型糖尿病です。

高血圧

血圧は、心臓から送り出された血液が、血管を通るときに血液壁にかかる圧力です。

心臓が収縮して、血液を押し出した瞬間が最高血圧、収縮後に拡張したときが最低血圧で、高血圧は、血管に強い圧力がかかっている状態です。
その結果、血管を障害していくので次第に血管が硬くなり動脈硬化へとつながります。

高血圧は、特有な自覚症状がないため深刻な状態に陥るまで気づかないことが多く、心筋梗塞や脳卒中などの合併症の引き金となるため注意が必要です。そのため、高血圧と診断されると血圧の薬(降圧薬)を飲んで血圧をコントロールし、心臓病や脳卒中などへのリスクを予防しているのです。単なる血圧が高いだけと過信せず、常日頃からしっかりと生活習慣や内服薬などでコントロールし、定期的な診断・管理で予防を行うことが大切です。

日本では、高血圧患者数は約4000万人に上ります。

高血圧の原因は、遺伝的要因と食生活、環境的な要因と言われています。
特に身内に高血圧の人がいる場合は、日頃から下記の生活習慣に気をつけましょう。

  • 塩分の高い食事
    (塩分の取り過ぎは血圧を高くしますので、薄味の食事を心がけましょう)
  • 喫煙
  • 飲酒過多
  • 運動不足
  • 精神的ストレス

脂質異常症(高脂血症)

血液中の脂質、つまり悪玉コレステロールや中性脂肪が多くなる病気です。
コレステロールは、身体に必要な成分ですが、必要以上に増えすぎると血管や組織を傷つけ、動脈の壁にくっついて血管を硬く狭くして心筋梗塞や脳卒中など動脈硬化性疾患を引き起こします。
高脂血症の主な原因は食べ過ぎや偏食、喫煙、飲酒、運動不足、肥満やストレスなどが考えられます。
栄養過多の現代人には多い病気ですが、自覚症状は全くないため健康診断などで初めて指摘されて気づくことも少なくありません。