循環器内科 | 芦屋たいらクリニック | 高血圧・狭心症・不整脈


循環器内科

院長インタビューが読めます

hatsumo-web.jp

循環器内科とは?

循環器内科は主に心臓や血管、血圧に関わる病気の専門科です。

対象となる疾患は、狭心症、心筋梗塞、不整脈、高血圧、心臓弁膜症、心筋症、閉塞性動脈硬化症など多岐にわたりますが、循環器疾患の予防に重要なのは生活習慣病や慢性疾患の管理です。
特に高血圧・糖尿病・高脂血症・喫煙習慣などの循環器疾患のリスクの大きい人は、定期的に循環器専門医の診断・治療・管理を受けていただくことをお勧め致します。

「胸が苦しくなる」「息切れがする」「動悸がする」「脈が乱れる」「足がむくむ」などの症状は原因が心臓にあることが多いと言われています。

気になる症状があれば、お気軽ご相談ください。

主な対象疾患

  • 高血圧
  • 虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)
  • 心筋疾患(肥大型心筋症、拡張型心筋症)
  • 弁膜疾患(大動脈弁・僧帽弁の狭窄症や閉鎖不全症)
  • 不整脈
  • 心不全
  • 閉塞性動脈硬化症

循環器に関連する病気

狭心症

心臓に血液を送る冠動脈が動脈硬化やけいれんのために細くなり、心筋への血流が悪くなり酸素供給が不足することで、締め付けられるような胸の痛みがおこります。発作は、数十秒から数分間続きますが、安静にしていると症状は治まることが多いです。

心筋梗塞

突然おこる前胸部の激痛が典型的な症状です。冠動脈の内側がとても細くなり、そこでできた血栓や他の場所から運ばれてきた血栓が詰まった状態で、血液が流れなくなるために心筋細胞が壊死します。
命を落とす危険が高い怖い病気です。

不整脈

私達の心臓はほぼ一定の間隔で規則正しく拍動していますが、この規則性が乱れた状態を不整脈と呼んでいます。脈が速くなったり、遅くなったり、瞬間的に飛んだりします。動悸、息切れ、めまい、吐き気、胸が苦しいなどの症状がでます。

心不全

心臓が十分な量の血液を送り出せなくなる状態です。心不全がおこると、全身の血液のめぐりが悪くなるために腎臓で尿が作られにくくなります。手足や肺に水分が溜まるため、むくみや体重増加、息切れなどの症状が現れることもあります。

心臓弁膜症

心臓の弁が硬くなったり破れたりして、本来の役割を果たせなくなる状態です。血液がうまく流れなくなる狭窄と、血液が逆流する閉鎖不全があります。息切れ、疲れやすい、胸痛、呼吸困難、むくみなどの症状がでます。

動脈硬化

動脈の壁が厚くなったり硬くなったりして、弾力性や柔軟性を失い硬くもろくなっている状態です。
酸素や栄養が不足したり、高血圧のために血管に負担がかかったり、脂質が血管の内側にたまったりするためにおこります。動脈の閉塞により、血流が途絶えると心筋梗塞や脳梗塞の原因になります。

脳卒中

脳出血、脳梗塞、くも膜下出血、一過性脳虚血発作の4つに分類されます。しびれ、脱力感、頭痛、物が飲み込みにくい、ろれつが回らない、片方の手足が動かしにくいなどの症状が出ます。

ペースメーカーの管理について

ペースメーカーは不整脈の治療には大切なものですが、人工ペースメーカーを植え込んだ患者様は、ペースメーカーの定期点検(作動状況や電池残量の確認)が必要です。

他院でペースメーカーを移植された方でも、機種によって点検可能(国内のほぼ全てのメーカーのチェックが可能)ですので、まずはお電話にてご予約の上お越しください。

また、定期的なチェック以外にも、気になる症状があれば念のためペースメーカーチェックをお勧めします。

ご来院の際には、必ずペースメーカー手帳をご持参ください。
ペースメーカー手帳には、その日に行ったチェックの内容をその都度記録していきます。