芦屋市の在宅医療・往診|芦屋たいらクリニック


在宅医療

院長インタビューが読めます

hatsumo-web.jp

訪問診療

寝たきりの患者様や通院が困難な患者様が、住み慣れたご自宅で療養ができるように、医療計画を立て医師が定期的に患者様のご自宅に訪問する訪問診療を行っています。

また、病状が急変した場合は、随時往診を行っています。
在宅医療を行っている患者様には緊急時に備え、24時間携帯電話による対応をしており、他の医療機関の医師とも連携体制をとっています。
患者様とご家族の方のご負担の軽減を考え、地域の医療機関や訪問看護ステーション、ケアマネージャーなどと連携をとりながら安心した療養生活が送れるように支援してまいります。
末期癌患者様の終末医療、在宅酸素療法、在宅人工呼吸器の管理、各種カテーテル(胃瘻、中心静脈栄養、膀胱留置カテーテルなど)の管理も行っていますのでご相談下さい。

訪問エリア

芦屋市、西宮市、神戸市東灘区、神戸市灘区 など

在宅で可能な検査・治療

一般的な外来で実施される検査については概ね対応可能です。
CTやMRI、内視鏡など精密検査が必要な場合には、近隣の提携医療機関をご紹介いたします。

検査

  • 血液検査
  • 心臓・腹部超音波検査
  • 心電図検査
  • 尿検査・便検査など

携帯用エコー装置(GE社製:Vscan)を導入

Vscan Dual Probe当院では、携帯用エコー装置を導入しております。在宅診療において腹部、心臓、頚動脈のエコー検査が可能です。

腹水・胸水の有無、尿量、心臓の弁の動きも迅速に確認。心臓の状態、血液循環などをチェックする上で重要な情報を得られます。
少しでも苦痛の少ないケアを続けて頂くためにVscanはお役に立てると考えています。

治療

  • 点滴・注射
  • 予防接種
  • インスリン・自己血糖測定
  • 在宅酸素療法
  • 気管切開・人工呼吸器
  • 経管栄養法(経鼻・胃瘻・腸瘻)
  • 中心静脈栄養法(IVH,TPN)
  • 尿道留置カテーテル・膀胱瘻・腎瘻
  • 心臓ペースメーカーの管理
  • 外傷や褥瘡などの形成外科的処置
  • 疼痛の管理・麻薬の管理
  • 抗がん剤治療・細胞免疫療法の支援

※輸血や癌治療については、後方医療機関や訪問看護との連携など、条件調整が必要です。

住み慣れた自宅で最期まで過ごすために

「平穏死」や「自然死」など、自然な形で最期を過ごすということに関心が高まっていますが、患者様やご家族の負担軽減のため、外部の支援が必要不可欠です。
24時間対応の介護サービスや訪問看護サービスを上手に組み合わせて活用することで、持続可能な在宅療養環境を作ることができます。

医療面に対する不安に応えるのは私たちの使命です。休日・深夜問わず、必要があれば医師がご自宅に往診できる体制になっています。 「看取る」ということは、ご本人・ご家族が安心してご自宅で最期まで過ごせる環境を提供することに他なりません。
私たちは介護事業者の方々と連携し、ご本人・ご家族の生活を最期までしっかりと支え、その想いに応えたいと思います。

まずはお電話でお問い合わせ下さい

特に審査や煩雑な申込書類等はございません。 現在の症状や状況を簡単にお伺いし、訪問日等をご相談させて頂きます。
※診療開始をお急ぎの場合、最短で当日からご対応致します。